見出し画像

バンドマン、入社しました #ちょっとGraffity

ちょっとGraffityを見てくださっているみなさん、初めまして!Graffityでサーバーサイドエンジニアを担当しております、松本一輝と申します。
先月あたりぬるっとGraffityに入社したので、ご報告を兼ねて記事化させて頂く機会をいただきました!

スクリーンショット 2020-04-15 19.02.58

ぬるっと入社する様子。掃除botは空気読め

上の通り、会社では(普段全然誰にも呼ばれていない)マッツと呼ばれています。超有名エンジニアである某プログラミング言語の父と同じ呼ばれ方をしているので、彼の名に恥じないように日々研鑽を続ける毎日です。。。

画像3

リモートワークなので研鑽する場所が家。
ビデオ会議の時の音質がやたらいい事だけが自慢

入社前も今も、音楽活動をガッツリやっております。
バンド活動やユニットなどを主にしながら、ギター講師やレコーディングエンジニア、サポートギタリストなどなど多方面に渡り行なっており、色々なフェスにも出たことがあります。一番でかいのはサマソニです。

これのどこかにいます

また、サーバーサイドの開発だけでもなく、機械学習の案件の経験もあります。主に時系列のデータの予測を担当していて、LSTMや隠れマルコフなどを用いて、試験問題のカテゴリ別での予測などを行なっておりました。

そんなことをwantedlyのプロフィールに書いていたところ、Graffityの社長であるトシくんが「(経歴が)面白そう」と連絡をくれ、業務委託として参加させていただいた後、見事入社!という運びになりました!
面白そうというだけで社員にもなれるGraffity、異常な程面白い、いや、懐深くないですか?

スクリーンショット 2020-04-15 19.22.42

モンスターハンターをモーハンと呼ぶ癖が抜けない社長。
幼少からとのこと

実際に、前もって連絡しておくことで予定の融通もある程度聞いてもらえることになっており、イレギュラーな予定が入ることの多い自分としてはとても助かっております。(もちろん、空いた時間で埋め合わせするし、大事な会議はなるべく出なきゃです!)

こういった多様性を認められる会社なのも、自分はとても好きなところです。

今月はずっとリモートなのでなかなかみんなとご飯とか行けてないですが、ビデオチャットで飲み会をしたり、相変わらず自然に仲の良い自分達だと思っています。開発も佳境に入りつつありますが、みんなで協力しあって頑張っていきたいです!

・・・


ひたすら懐が深い、そんなGraffityについて


面白い経歴をもった仲間も募集中!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
ARバトルを提供するGraffityのブログです。

この記事が入っているマガジン

#ちょっとGraffity
#ちょっとGraffity
  • 29本

Graffityのちょっとした日常をお送りするマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。