見出し画像

サーバーサイドエンジニアがBGMを作って見た #ちょっとGraffity

こんばんは、マッツです。
自分はGraffityでサーバーサイドエンジニアとして働く傍ら、音楽活動も精力的に行なっています。

そのスキルをGraffityに活かせないか?と考えたところ、現在開発中のGameのBGM製作に活かせるのでは? ということになり、今回バトル画面のBGMを製作して見ました!

画像1

機材はAbletion Liveというのを使っています

今回、ゲームのコンセプトに幾何学的だったり、近未来的なコンセプトがあるのもあり、シンセサイザーや打ち込みのトラックが作りやすいAbleton liveでの製作はとてもしやすく、とても楽しい製作となりました。
他の社員たちにかっこいいとか言ってもらえたり、そう言った反応がとても嬉しいです。

画像2

ベース(サーバーサイドてきな文脈)と言われていますが、自分の主なパートはボーカルとギター



もちろん皆さんに聴いてもらうのも楽しみです。早くリリースしないかな。

反省点としては、サーバーサイドとしての業務が止まってしまうので、クライアントと連携しながら両方の製作をこなすことが難しいところでした。
次の機会では、そこらへんのスケジューリングを色々な方面とすり合わせながら作るのが効率が良さそうです。

同じような境遇の方、ぜひ参考にして見てください!(???)

マルチな個性をもつ、そんなGraffityについて

音楽仲間も募集中!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ARバトルを提供するGraffityのブログです。

こちらでもピックアップされています

#ちょっとGraffity
#ちょっとGraffity
  • 38本

Graffityのちょっとした日常をお送りするマガジンです

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。