見出し画像

2025年には5倍に拡大するARバトル市場をまとめてみた

こんにちは、Graffityの森本です。普段私たちは「ARバトル」と呼んでいるARシューティングゲームを開発しています。今回は、現在どのようなARバトルが市場にあるかについて書きたいと思います。

ARバトルとは?

ダウンロード (13)

ARバトルとは、友だちや家族と複数人で楽しむARスポーツ(ゲーム)です。

Graffityは2018年12月に世界で初めてのARバトル「ペチャバト」をリリースし、1週間で1万DL、1ヶ月で10万バトルという結果を出しました。

Graffityは創業当初より「ARで人と人の繋がり方を変えていきたい」と考えており、「ペチャバト」はゲーム性を利用したコミュニケーション体験にフォーカスしています。私たちは、このゲーム性とARの相性のよさが、1週間で1万DLという数字を残せた理由だと考えています。

Apple CEO Tim Cook氏も「ARは私たちの人生に浸透して人々を結び付ける技術だ」と発言しており、ARは人と人を繋げるコミュニケーションツールであるという私たちとの考えとも合致しています。

ARバトルの誕生と、市場拡大の背景

200203_Graffityプレゼン資料.001

2019年からモバイルARのマーケットは5年で5倍に拡大し、2023年には5500億円のマーケットになります。82%のユースケースは、ARバトルを含むARゲームです。

ARバトルが誕生した背景には、大きく分けてARKit・ARCoreARCloudという2つの技術のブレイクスルーがあります。

2017年にApple・Googleがそれぞれ「ARKit」・「ARCore」を発表し、特定のスマホでARアプリを利用することが可能となりました。国内では、2020年にARアプリを利用できるスマホが70%以上になるとみられ、友だちや家族と一緒に楽しむのに十分な普及率になってきました。

2つ目は、同じく2017年頃より認知が広がった「ARCloud」と呼ばれる技術です。ARCloudとは、一言でいうと「現実世界にひもづくデータから3次元マップ情報をクラウド上に保存したもの」を指します。
※ARCloudの詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

ARCloudは、GPSに代わる新たな位置情報システムとなりえます。GPSから、「Visual Positioning Service/System(VPS)」と言われるシステムに進化するのです。GPSは緯度・経度と方向の2次元の位置情報ですが、VPSでは3次元の位置情報が取得できます。GPSでは、ビルの1階にいても、2階にいても同じ緯度・経度になりますが、VPSでは1階、2階のどの階にいるのか、さらにフロアのどの方向へ動いているかまで正確にわかります。

ARCloudによりお互いの位置を正確に把握できるので、友だちや家族との距離・空間を正確に共有することができ、AR体験の向上が見込めます。

2017年以降に誕生したARKit・ARCoreの普及とARCloud技術を背景に、ゲーム性を利用したARのコミュニケーション体験に注目が集まり、ここ数年で一気にARバトルが誕生し、一般向けに展開されることになります。

ARゲームのカオスマップ

arバトルカオスマップ

ARゲームのカオスマップを作成しました。
特に注目なのARバトルについて、簡単に紹介したいと思います。

・ARシューティングバトル 「ペチャバト」
Graffityが提供するしているARシューティングバトル。どこでも気軽に友だちとARバトルが楽しめる。1ヶ月で10万バトルを突破し、学生中心広まっている。

・LEGO「Hidden Side」
LEGO社が提供するARゲーム。LEGOを認識して幽霊退治のゲームがスタートする。
主人公は高校生ブロガーのジャックとパーカー。スマホのアプリを通して見ることができるアイテムを集めながら、ニューベリーの街からゴーストを退治するストーリー。

・ARシューティングバトル 「HoloBreak」
Graffityが提供すしているARシューティングバトル。スマホと銃をつなぎリアルなシューティング体験を行うことができます。12月14日・15日にVSPARKにてロケテストを実施し、満足度9.2・NPS72を記録しました。

・Neon
PokemonGoを提供すしているNiantic社の新感覚ARゲーム。同じ空間にいる複数人の参加者同士でビームを撃ちあえる。プレイヤーはスマートフォンの画面に表示される地面の光を集めて、それを対戦相手にぶつける。最も得点の高いプレイヤーには、王冠が表示される仕組みとなっている。

・「HoloScape」- World's First MMOAR
Facebook社に2020年2月に買収されたARCloud企業Scape Technology社のARゲーム。街を舞台にしたARシューティングバトル。多人数で同時にプレイすることが可能で、拠点を制圧して行くゲームシステム。

・・・

そんなARバトルを提供しているGraffityについて

一緒にチームを強くしてくれるメンバーも募集中!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
ARバトルを提供するGraffityのブログです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。